ハウスメーカーと工務店の違い

地域密着型

ご近所の工務店となると、小さいころから知っていたりすぐに相談できたり、建てている時も気軽に見に行って見学させてもらえたり、とてもあっとホームな雰囲気で工事をしてもらえるのはありがたい事です。
これから住む家を自分も一緒になって作り上げていくという気持ちが持てますし、もし住み始めてから不具合が出てきてもすぐに相談に行けるのは嬉しい所。
そして、何より価格が安いというのが利点です。
地域に根付いているため、宣伝広告費に取られないし地元の職人を使っているので人件費を抑える事にもつながり、全国大手のハウスメーカーに比べると格安になります。
ハウスメーカーも近年ローコスト住宅などで業績を伸ばしています。
ローコスト住宅でしたら、工務店と同額位の価格で建てる事も可能ですが、全国各地どこへ行っても同じ規格で作られていますから、個性には欠けます。

個性が出せるのは工務店

「薪ストーブを設置してほしい」とか、吹き抜けの家で「子どもが遊べるようなのぼり棒みたいなものをつけたい」とか、座敷には琉球畳を使用したいなどのわがままが言えるのは工務店です。
明確なイメージを持っていてこだわりのある方は工務店がお勧め。
後々リフォームして二世帯に…などの考えのある方もやはり工務店がお勧めです。
長い年月お付き合いできる地域密着型の工務店はいろいろなわがままがきく点はハウスメーカーにはない利点です。
アフターフォローは必ずついて回る物ですから、将来の事を考えると小さな工務店に頼むことはとても素敵なメリットになるようですよ。
斬新なデザインの間取りや作り付け家具を多くつけたい、大きなガレージが欲しいなど明確な要望がある場合には工務店にお願いするほうがいいようです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る